読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもりとロードバイク

ロードバイクのことや日々のことを書きます。心はひきこもり。熊本在住。

『疑惑のチャンピオン』鑑賞。アームストロングって名前羨ましい。

生活

もう名前だけで強そうですな。
近所のTSUTAYAを徘徊していたら置いてあったので観てみました。(ネタバレナッスィン)
f:id:kellin:20170119235555j:plain


疑惑のチャンピオン』(原題:The Program)は2015年に公開された作品。
ガンを克服し、ツール・ド・フランス7連覇を成し遂げた「ランス・アームストロング」。
その偉業の裏側には組織ぐるみのドーピングがあったのだった………
って感じの内容です。

疑惑のチャンピオン [Blu-ray]

疑惑のチャンピオン [Blu-ray]

ロードレースファンの方なら知ってて当たり前の内容なんですかね。
自分はプロの選手名やレースの歴史については詳しくないため、「あ〜、ランス・アームストロングって昔凄い選手がいたらしいな〜」くらいの事前知識しかありませんでしたが、結構楽しんで観ることができました。

中身は主に裏側の話(主人公ランスとチームメイト、医者、記者なんかとのやりとり等)がメインでしたが、迫力のあるレースシーンもちょこちょこ挟まってて、中だるみもしませんでした。

ランスのチームメイト(名前忘れた)が、チーム加入の際は嬉しそうでワクワクしていたのに、チームぐるみのドーピングが行われていることを知って、本当にこれでいいのだろうかと葛藤しながら、どんどん表情が曇っていくのが印象的でした。

スポーツビジネスとドーピングについて…………と難しいことを考えるのは他の方におまかせしますが、まぁ〜〜どのスポーツも金が絡むとしゃーない部分があるんじゃないかと思います。
ロードレースは紳士のスポーツだ、クリーンなスポーツだ、と個人が信じるかどうかの問題じゃないっすかね。
個人的にはどれだけドーピングしたとしてもあれだけの速度であの距離を走れる(しかもツールなら3週間ずっと)だけでも、プロって完全に人間辞めてるなぁと素直に思います。

この作品の他にも、ロードレースのドーピングをテーマにした映画がいくつかあるようなのでそのうち観てみます。