ゆるポタな暮らし

熊本で自転車に乗りながらゆるーく適当に生きている人のブログ

マット塗装フレームにワコーズのバリアスコートを使ったら最高だった

これは素晴らしい。
f:id:kellin:20170627225549j:plain

今回マットカラーのロードバイクを買ったので、新品のうちにフレームにコーティングをしておこうと思い、色々と検索。
どうやらマット塗装は紫外線に弱い、汚れが落ちにくい、といった特徴があるようです。

色々と探した結果、これに決定。
ワコーズのバリアスコート

この商品については以前から凄い凄いと聞いていましたが、3000円ちょいという地味にきついお値段ゆえスルーしていました。

しかしよく調べてみると、
○マット塗装のフレームにも使用できる
○一度使用すれば長くて半年程度効果が持続
◎ロードのフレーム程度の大きさならなんと『100回』もコーティングできる
ということを知り、それなら実質無料みたいなもんだなということで購入。

使い方ですが、コート剤を付属のクロスに吹き付けてフレームに薄く伸ばし、乾ききる前に拭き上げるだけ。(拭き上げはしなくていいかも)
あとは成分が定着するまで1〜2日待つだけ。
簡単ですね。

んで実際効果はどうだったかというと……

まずは見た目から。
↓塗る前
f:id:kellin:20170627233433j:plain

↓塗った後
f:id:kellin:20170627233815j:plain

…………ぉん?
カメラの問題はありますが、少ししっとり、ぬっとりとした色味になったような。
艶は出ずにマットなままなので、そこはOKです。

そして重要な汚れの付きにくさ、落としやすさについて。
これはかなーり良いです。

外を走って帰ってきても以前よりフレームの汚れが少なくなった気がします。
また汚れが付いていても、軽く湿らせたウエスでサッと拭くだけで簡単に綺麗になります。
コーティングする前は同じように拭いてもベタァッと汚れが広がる感じでした。


ということで、買って良かったバリアスコート
マット塗装のバイクに乗ってる方にはかなりオススメです。
数ヶ月に一回くらいの使用なら使いきれずに余りそうなので、車に使うのもありですね。

ディスクロードBMC Roadmachine 02 実走編

購入した時の状態のまま、Roadmachineでとりあえず100kmちょい走りました。
まだポジションの調整中でよくわからない部分が多いですが、少し乗ってみての感想(第一印象)を書いておきます。
f:id:kellin:20170625140700j:plain

自分は剛性がどうとか軽さがどうとか、細かい違いはほぼわからない初心者なのでなんとなくの感想になりますが、購入を検討されている方の参考に少しでもなれば。
バイクの仕様は前回の「納車編」の記事に書いてます。


感想をまとめるとこんな感じ。
1.乗り心地いい
2.加速しやすい
3.安心感がある


まず1つめについて。
乗ってみて最初に思ったことは、
「うわぁクロスバイクだ。」

もちろん良い意味で。
正確には「乗り心地」が所有してるクロスと前のロード(CAAD8)との中間といった感じです。
路面からの衝撃が結構ソフトになってます。

もちろん普通に振動はくるんですけど、ストレスを感じにくいというか。
ヒビなどである程度荒れた舗装路を走った場合、
CAAD8→ガタガタ
Roadmachine→ドコドコ(トコトコ)
自分でも読んでてわかりにくいと思いますが、そんな感じです。

この乗り心地の違いはロングライドで疲労の蓄積度合いに結構関わってきそうですね。


次に2つめの加速について。
40km/h 以上に加速するのが少し楽になったような気がします。
ダンシングでちょっと踏んでみて、いつもだとこれで40くらいかな〜とサイコンを見ると43〜44くらい。
まぁここは天候や体調で全然違ってくるのでアレですが、30km/h以上の速度域での加速はしやすくなった気がします。

加速後の速度の維持については、それほどCAAD8かわらないかなー。ちょっと楽かも?程度。
新車でテンションは上がってるので以前より踏めてる気はします。


んで3つ目。
これはめちゃくちゃ感覚的な話になりますが走ってる時のイメージとして、
CAAD8→車輪と筒に乗ってる
Roadmachine→四角い箱に乗ってる
という感じ。
f:id:kellin:20170625151024j:plain

フレームやハンドル、リム幅が太くなったのが原因でしょうか。
謎の安定感があります。
それでいてダンシングなどでの動作は軽いという印象。
まだ慣れていないので変な感じです。
ちなみに重量はCAAD8からほとんど変わっていません。


その他感じたこととしては、11-32tのありがたさ。

32tを解放すれば、よほどの激坂でない限り登りながらゆったり休憩できます。
長い登りコースやアップダウンのある長距離などでも、「最終兵器」としてとっておける安心感。
今まで通り11-28tにするつもりでしたが、しばらくこれで行こうと思います。

最後に、今回初めて使ったロード用の油圧ディスクブレーキについて。
Roadmachine02にはシマノの105グレード(多分)のディスクブレーキが付いてます。
f:id:kellin:20170625151107j:plain

平坦、下り、低速、高速といろんな場面で試してみましたが、最大制動力に関してはリムブレーキと大差ないような気がしました。
ディスクの方がスゥゥゥーーッ↑↑と徐々に効いていくような?
このへんは調整でかなり変わりそうなので、もう少し使ってみてからまた別の記事で書きます。

すげー、と思ったのはブレーキレバーの引きの軽さ。
軽い力でヌルヌル引けます。
そのため、下りで下ハンを持たなくてもブラケット持ちで十分ブレーキがかけられます。(ガンガンとばす場合は別)
長い下りでずっと下ハンだと首や腰が痛くなるので、これはありがたいですね。

ブレーキ音は「ズゾゾゾゾ」という感じで、少し大きめ。
あと停止する寸前にフロントだけキーキー鳴きます。
これはブレーキのかけ方によって鳴らなくすることもできますが、気になる人は気になると思います。
調整次第ではもっと静かにできるかもしれません。


以上、乗ってみた感想を適当にまとめました。
そもそも自転車に乗るのが2週間ぶりだったり、納車のタイミングでペダルとシューズを一新したりと、まともに比較できる状況ではありませんでしたが、いい感じです。
何より見た目が最高にかっこいいのでもう大満足。

そういえば付属のホイール(Novatec 30 SL)は体重計で測ったところ1.9kg〜2kgくらい(ローター込み)あったので、ここだけは別のに交換したいですね。

梅雨が明けてもっとガッツリ乗った後にまた感想を書こうと思います。

ディスクロードBMC Roadmachine 02 納車編

注文してからひたすら待ち続けて数週間、昨日ついにお迎えできました。
BMC Roadmachine 02。
今回はざっと全体的な紹介を。
f:id:kellin:20170622094042j:plain

BMCの2017年モデルから新たに登場したRoadmachineシリーズ。

どういうバイクなのか簡単にまとめると、
従来のGFシリーズの快適性、TMRシリーズのエアロ形状とインテグレーション化、SLRシリーズの軽快な走り、それらをいいとこ取りした、「走れるエンデュランスバイク」という感じだそうです。

まぁ細かいことはどうでもいいですね。
大事なのはかっこいいのかかっこよくないのか。

f:id:kellin:20170622104336j:plain
かっこいいです。


このシリーズは01から03までありますが、全て油圧のディスクブレーキモデルです。
f:id:kellin:20170622094850j:plain

前後12mmスルーアクスル、フラットマウントということで、今後一般的になりそうな規格を採用。

カラーはマットレッド
朱色という感じでしょうか。
シンプル&派手(謎)という感じのデザインで、めちゃくちゃ気に入ってます。
f:id:kellin:20170622101436j:plain
サイズは54と56で悩みましたが、56しか在庫がなかったのでそっちで。
身長178cmmでいい感じにフィットします。
前のバイクのCAAD8よりもサドルとハンドルの落差が出せます。

コンポはほぼ105。
f:id:kellin:20170622095212j:plain
シフターのST-RS505とブレーキのBR-RS505は、シリーズ外の製品らしいのですが、シマノのディスクモデルの中では105相当のグレードのようです。

スプロケは11-32tが付いてます。
それに合わせてリアディレイラーも大きく。
これはロングライドや激坂でかなり役立ちそう。
f:id:kellin:20170622095703j:plain

ローターは前後とも160mm。
思ったよりも目立ちません。
f:id:kellin:20170622095749j:plain

ホイールはNovatec 30 SL。
f:id:kellin:20170704000016j:plain
調べても出てこないので何とも言えませんが、同ホイールのリムブレーキモデルが1900gだとどっかで読んだので、恐らくディスクだとそれ以上の重量かな〜と。

なかなかの重量級ホイールですが、見た目はスッキリしててグッド。
やはりディスクロードは低価格なホイールでも銀色のブレーキ面がなくて真っ黒なのが最高ですね。
タイヤとの統一感があってかっこいいです。

D型のシートポストやトップカバーは専用品。
f:id:kellin:20170622100802j:plain
全体のデザインとマッチしてます。
f:id:kellin:20170622100854j:plain

BMCのロゴは薄い黒なのかなと思っていましたが、近くで見ると細かい横線?でした。
f:id:kellin:20170704000059j:plain
これも珍しくていいですね。

タイヤは30cまで対応。
軽いグラベルならいけそうですね。
完成車の状態だと25cのContinental Grandsportが付属。
かなりクリアランスがあります。
f:id:kellin:20170622101653j:plain

ペダルも105。
f:id:kellin:20170703235950j:plain
NEWバイクと一緒に、ペダルとシューズもSPD-SLに一新しました。

はかりがないので正確な重量が測れないのですが、体重計を使って適当に計測したところ、ペダルやボトルケージなどの装備品を抜いて8.8〜8.9kgくらい。
ディスクブレーキのエンデュランスバイクならこんなもんでしょうか。

CAAD8を手放す前に測ったところ、たしか8.5kgくらいだったので、若干重くなりました。
まぁレースに出ない一般人が普通に走る分には重量なんてほぼ関係ないと思うので個人的にはオッケーです。

最後に、スルーアクスルはクイックリリースのように左右に出っ張りがないので、これまでの左右から挟み込むタイプのスタンドが使えません。
新しくスタンドを買うのもアレなので、自分はとりあえずそのへんにあったギタースタンドにのっけてます。
意外と安定してていい感じです。
f:id:kellin:20170622104020j:plain


以上簡単な紹介でした。
Roadmachineはとにかくかっこよくて、これまで生きてこれたことに、そしてこのバイクに出会えたことに感謝感激の舞。
初のカーボンバイクなので、慎重に扱いたいと思います。

次回は実走編です。

ただひたすらにその時を待つ

ショップから連絡が来る、その時を。
f:id:kellin:20170616214622j:plain

(シューズ探しに天神のワイズロードへ)

数週間前にNEWバイクを注文。
それ以来携帯から目が離せません。

楽しみすぎて何度もメーカーサイトやyoutubeの動画を繰り返し見てます。

ワクワクしすぎてそろそろ疲れてきました。
予想では明日あたり「組み上がりましたよ〜」と連絡がくるはず。(毎日思ってる)


それと散々悩んだSPD-SL用のシューズですが、結局LintamanのAdjust Road Compにしました。
f:id:kellin:20170616215440j:plain
かっこいい。
まだ実際に使ってないので、感想等はその時に。

あとは新しいバイクのためにウェアやコーティング剤、スタンドなんかも準備。
CAAD8が思いの外高値で売れたので、ヘルメットとサイコンも検討中。
あぁ〜〜早く乗りたい。


銀行の口座はすっからかんになってしまいましたが、まぁ体は健康だし生きていけるでしょう。
自分はRPGをやるとお金や貴重なアイテムは大量に余らせてクリアするタイプなので、そんな感じで。(どんな感じ)

SPD-SL用のシューズ探しが難航

2台目を買うにあたって、ペダルも今のSPDからSPD-SLにグレードアップすることに。
それで最近はずっとSPD-SL用シューズについて調べているのですが…
f:id:kellin:20170610223601j:plain

今のシューズはShimanoのXC31。
サイズは44。
普段履いている靴のサイズは27.5cmか28cmなので、そこまで合わなくもないですが、使ってるうちに右足の幅が窮屈な感じがしてきました。
そのうち慣れるかなと我慢しながら使ってきましたが、いつまでたっても違和感が消えません。
右膝を痛めていまだに治らないのもこいつのせいなのでは………

まぁSLにも興味があったので、この機会に思い切って買い換えることにしました。


改めて足を測り直してみると、どうやら結構幅広の足みたいです。たぶんEEE。
しかも縦横共に左右で3〜4mmくらいサイズが違う。
これはワイドフィットのモデルしか無理でしょうか…
とりあえず色々と検索。


んで2つに絞りました。
まずはShimanoのRC7(ワイド)
f:id:kellin:20170610225406j:plain
Shimanoのシューズはデザインがあまり好みではなかったのですが、これはシュッとしてていいですね。

そしてLintaman Adjust Road Comp
f:id:kellin:20170610225644j:plain
フィット感が凄くいいそうな。
左右で足のサイズが違うので、これなら合いそうな予感。


候補も決めたし、試着してみようといくつかショップに行ってみましたが、自分の探しているサイズがありません。
ふと思ったけど、合いそうなサイズを取り寄せてもらってやっぱ微妙だから買わない、ってのは無理だろうな…
Lintamanの方は今大人気だそうで、次の入荷は8月。しかも少数。
カラーによっては完売だとか。

まじかー。
試着せずにネットで買うのもありか。(アマゾンなら試着できるみたいですが)
まぁそもそも試着できる店がないしなぁ。


ということで納車がもうすぐという状況ですが、シューズが買えてません。
・ネットで賭けにでる
・福岡あたりまで在庫のある店を探しに行く

そんな感じですかねー。

ハンマーシリーズを観るためにJsportsオンデマンドに加入した

入って正解でしたね。
ハンマーシリーズ最高に面白かったです。
f:id:kellin:20170607230750p:plain

ハンマーシリーズについては、Jsportsのページを見てもらえればわかりやすいと思います。
http://www.jsports.co.jp/cycle/hammer/

簡単にまとめると、
1日目→ハンマークライム(アップダウンのあるコース)
2日目→ハンマースプリント(平坦コース)
3日間→ハンマーチェイスチームTT

1日目と2日目のチームごとの成績によって、3日間の出走順等が決まり、3日間は時間差でスタートして最初にゴールしたチームが優勝。
わかりにくいようなわかりやすいルールですね。

1日に5時間や6時間も走るこれまでのレースに比べ、ハンマーシリーズは1日2時間程度と比較的短時間で終わるのも特徴。
がっつり時間がとれなくてもまとめて観ることができます。

内容については詳しく書きませんが、他のレースではなかなか見れない程のカオス&激熱な展開があり、最高でした。
自分はあまりロードレースに詳しくないのですが十分に楽しめました。


ちなみにJsportsオンデマンド(サイクルパック)は25歳以下だと月額900円程で加入できます。
ありがたや。

過去2ヶ月くらいのレースも色々と配信されてるので、これから梅雨に突入してロードに乗れなくなっても退屈せずにすみそう。
来月からはツールも始まるので、しばらくは契約しとこうかな〜と思ってます。

フリーボディにスプロケが食い込んで外せなくなったら

シャマルミレで3000km程走行したあたりから、スプロケがフリーボディに食い込んでしまい、4〜5枚目から外せなくなりました。
ごく普通のことかもしれませんが、簡単に解決策を書いておきます。
f:id:kellin:20170606220629j:plain

正確にはギアが食い込んで取れないというより、その食い込みによってフリーの表面に凹凸ができて、それに引っ掛かってギアが外れないという状態。

あーこれフリーボディ買い替えなのかな〜……と落ち込んでいましたが、もっと手っ取り早い方法がありました。

f:id:kellin:20170606221240j:plain
削ろ。

ハンズマンで100円くらいの小さいヤスリを買ってきました。一応金属用をチョイス。
これでギアに引っ掛かるフリーの出っ張り部分を削るだけです。
たしかフリーはアルミなので、簡単に削れてくれます。

f:id:kellin:20170606221554j:plain
無事にスプロケが外れました。

やはり頻繁に使うギアの場所が特に食い込んでましたね。
単純な方法でしたが、とりあえずこれで大丈夫でしょうか。

食い込みがひどすぎる場合はギアとギアの位置関係がずれて、また変速かなにかで問題が起きそうなので、そん時はフリーを交換した方がいいのかなー。